不動産売買による所有権移転

不動産を売買によって取得した場合に、その所有権の移転は、当事者の意思表示、売主と買主との合意によって成立しますが、そのような物権変動は登記をしなければ、これをもって第三者に対抗することはできません。このような不動産の物権変動を公示する方法が登記であり、この場合に、売主は買主のために所有権移転登記をなす義務を負うのです。
不動産登記簿とは登記については、不動産登記簿という国が作成する公簿があって、登記は不動産に関する権利の保護と取引の安全を図るため、国家機関である登記官吏が不動産登記法に定めた一定の事項、不動産の表示または不動産に関する権利関係をその登記簿に記載すること、または記載された内容を言います。登記事務は不動産の所在地を管轄する法務局もしくは地方法務局またはその支局、出張所が行ないます。不動産登記簿は、これら登記所に備えられており、その種類として土地登記簿と。建物登記簿があります。
登記簿は不動産一つごとに、つまり土地については地番ごとに、建物については一棟の建物ごとに、一単位の登記用紙を備えつけ、これに所定の記載をします。これら士地一筆ごとの登記用紙は、その登記所の管轄地域内の市区町村などの地番区域を基準に、地番の順に集められ、帳簿に編成される。同しように、建物の登記用紙も、建物の所在地の地番の順に帳簿に編成されます。ところで、それぞれの土地または建物の登記用紙は、表題部ついで甲区、乙区という順で三つの部分に分かれています。
表題部とは不動産の表示と言われるところで、その土地、建物の物理的状況や特徴を表示する役割を持つもので、土地登記簿の表題部には、土地の所在と地番、地目、い地積などが、また建物登記簿の表題部には、の建物の所在、家屋番号、建物の種類、構造及び床面積などが記載されます。
甲区はその不動産の所有権に関する事項を記載するところで、事項欄と順位番号欄があります。売買契約に基づく所有権移転の登記も、この甲区に記載されるます。この場合に、過去から現在までの間に所有者の変更があれぱ、それぞれの所有権移転の原因とともに順位番号によって順を追って登記されることになり、登記の効力は、この順序によって決定されます。
乙区は不動産の所有権以外の権利関係について記載するところで、形式は甲区と同じです。もっとも不動産の権利に関する登記がまったくない間は、甲区、乙区とも白紙の用紙を綴りこむことはしないために、登記簿は表題部だけになります。

スポンサーリンク

不動産

不動産売買による所有権移転/ 所有権移転登記の手続/ 所有権移転に必要な書類/ 買主自ら保存登記/ 売主に対して私有権移転登記/ 競合する保存登記/ 中間省略登記の意義/ 登記の効力/ 第三者に対抗/ 代金の支払い/ 一時払い/ 不動産の割賦販売/ 代金支払場所/ 代金支払時期/ 同時履行/ 同時履行の抗弁権/ 契約履行の費用/ 債務不履行/ 債務不履行の相手方の救済/ 業務不履行/ 引渡請求/ 債務不履行/ 履行遅滞の効果/ 登記の意味/ 対抗要件としての登記/ 登記と売主の重要性/ 第三者に対抗/ 未完成物件/ 履行遅滞による損害賠償/ 責めに帰すべき事由/ 売主の代金受領拒絶/ 受領遅滞の効果/ 売主の履行遅滞効果/ 不動産売買の先取特権/ 買主の代金未払い/ 買主の登記拒否/ 不完全履行責任と担保責任/ 瑕疵担保責任と契約責任/ 契約面積と実測面積の相違/ 土地の一部が他人の場合/ 土地所有者が他人の関係/ 購入不動産に他人の抵当権/ 業者の説明広告との相違/ 行政法規の利用制限/ 第三者が占有している土地購入/ 契約の解消/ 契約の無効/ 契約の解除/ 契約解除の方法/ 契約解除と相手方との関係/ 契約解除による第三者との関係/ 付随条項違反による契約解除/ 合意解除と第三者/ 手付金放棄と契約解除/ 事情変更による契約解除/