不動産の割賦販売

不動産の割賦販売は大別して契約時に目的物の確定をしている場合、契約時に目的物の確定している場合としていない場合がありますが、確定している場合については宅地建物取引業法。確定していない場合には積立式宅地建物販売業法の法的規則が行われます。
宅地建物取引業法は宅地建物取引業者の営む事業に対して各種の規制を行うことにより業務の適正な運営と宅地及び建物の取引の公正とを確保し、購入者の利益の保護と宅地および建物の円滑化をはかることを目的としています。業者の資質を確保するために、宅地建物取引業を営もうとする者に対して建設大臣ないし都道府県知事の免許を受けることを要求し、しかも各種の免許基準法定しています。そして、名義の他人への貸与を禁止し、購入者の利益を守ることを図っています。
宅地建物取引業者はその事務所ごとに、資格試験に合格した成年の専任取引主任者をおくことを要求しています。
取引業者の営業によって将来相手方の依頼者に対して生ずるおそれのある損害を補填するために、業者に一定の金銭を国に対して供託させることとし、購買者の利益の無確保に努めています。

スポンサーリンク

不動産

不動産売買による所有権移転/ 所有権移転登記の手続/ 所有権移転に必要な書類/ 買主自ら保存登記/ 売主に対して私有権移転登記/ 競合する保存登記/ 中間省略登記の意義/ 登記の効力/ 第三者に対抗/ 代金の支払い/ 一時払い/ 不動産の割賦販売/ 代金支払場所/ 代金支払時期/ 同時履行/ 同時履行の抗弁権/ 契約履行の費用/ 債務不履行/ 債務不履行の相手方の救済/ 業務不履行/ 引渡請求/ 債務不履行/ 履行遅滞の効果/ 登記の意味/ 対抗要件としての登記/ 登記と売主の重要性/ 第三者に対抗/ 未完成物件/ 履行遅滞による損害賠償/ 責めに帰すべき事由/ 売主の代金受領拒絶/ 受領遅滞の効果/ 売主の履行遅滞効果/ 不動産売買の先取特権/ 買主の代金未払い/ 買主の登記拒否/ 不完全履行責任と担保責任/ 瑕疵担保責任と契約責任/ 契約面積と実測面積の相違/ 土地の一部が他人の場合/ 土地所有者が他人の関係/ 購入不動産に他人の抵当権/ 業者の説明広告との相違/ 行政法規の利用制限/ 第三者が占有している土地購入/ 契約の解消/ 契約の無効/ 契約の解除/ 契約解除の方法/ 契約解除と相手方との関係/ 契約解除による第三者との関係/ 付随条項違反による契約解除/ 合意解除と第三者/ 手付金放棄と契約解除/ 事情変更による契約解除/