登記の意味

物権は、物の持っている利益や価値を直接に支配する権利として、法律的に構成されているもので、同一の客体のうえに相反する内容を持つ二つの権利である、物権の併立的な支配を認めることはできません。このような物権の排他性の結果として、売買契約によって成立した所有権の効力を後に成立する所有権に優先させることを認めるものです。所有権移転行為を行なう者は、その所有権移転行為の安全を確保するために物権変動を外部より認識できる徴表行為のないかぎり、物権変動が無かったものとして、原権利者を権利者と信頼して所有権移転行為を行なおうとするものです。物権は所有権であろうと他の制限物権であろうと頻繁に取引の対象とされており、一方では信用の基礎ともされています。そのうえ、排他性が内容を同一とする他の物権を認めないのが物権であるために、物権変動については第三者がこれを認識することができるように公示する必要があります。そこで、その公示されたところを信頼した物権行為者を保護すべきであるということになり、物権変動は種々の原因によって生じるものですが、それが法律行為による場合には、通常は外部的徴表行為が伴うにもかかわらず、法律によって定められた形式によらないで、当事者の意思表示のみで生じることもあります。例えば、売買契約における目的物の所有権の移転について、売り渡す、買い受ける、売買契約などの言葉は、必ずしも債権的売買のみを意味しないで、特定物の売買では、反証のないかぎり、所有権移転の物権契約とみるのを相当とする場合が多くなります。占有移転がなされ代金支払いも済んでいれば、特にそうであるとする最高裁判決もあります。つまり、定型的な形態によって現われるとはいえませんが、物権変動における物権の排他性が第三者の利益に与える影響は、物権行為の安全と迅速とに大きな関係を持っているために、第三者に認識できる方法が必要で、それが公示の原則といわれます。

スポンサーリンク

不動産

不動産売買による所有権移転/ 所有権移転登記の手続/ 所有権移転に必要な書類/ 買主自ら保存登記/ 売主に対して私有権移転登記/ 競合する保存登記/ 中間省略登記の意義/ 登記の効力/ 第三者に対抗/ 代金の支払い/ 一時払い/ 不動産の割賦販売/ 代金支払場所/ 代金支払時期/ 同時履行/ 同時履行の抗弁権/ 契約履行の費用/ 債務不履行/ 債務不履行の相手方の救済/ 業務不履行/ 引渡請求/ 債務不履行/ 履行遅滞の効果/ 登記の意味/ 対抗要件としての登記/ 登記と売主の重要性/ 第三者に対抗/ 未完成物件/ 履行遅滞による損害賠償/ 責めに帰すべき事由/ 売主の代金受領拒絶/ 受領遅滞の効果/ 売主の履行遅滞効果/ 不動産売買の先取特権/ 買主の代金未払い/ 買主の登記拒否/ 不完全履行責任と担保責任/ 瑕疵担保責任と契約責任/ 契約面積と実測面積の相違/ 土地の一部が他人の場合/ 土地所有者が他人の関係/ 購入不動産に他人の抵当権/ 業者の説明広告との相違/ 行政法規の利用制限/ 第三者が占有している土地購入/ 契約の解消/ 契約の無効/ 契約の解除/ 契約解除の方法/ 契約解除と相手方との関係/ 契約解除による第三者との関係/ 付随条項違反による契約解除/ 合意解除と第三者/ 手付金放棄と契約解除/ 事情変更による契約解除/