契約面積と実測面積の相違

土地の面積のことを地積といいます。土地登記簿に表示されている面積は地表面積でなく、平面に投影された面積で、登記簿表示の地積と実測のそれとでは差異のあるのが常識とされています。実測面積が多い例が大部分であり、時として不足する場合があります。多い場合を縄伸びいいます。昔の地積測量について、縄心は別に現定なく、地検奉行の意見に任すとし、比較的ゆるやかであったことが現在まで続いています。土地売買において引き渡された土地が約定数量と相違がある場合には、不足引渡しと超過引渡しがあります。土地の売買で表示された数量が推定的な意味を有するか、約定された数量が基準としての意味をもつか、あるいは、目的材特定の補助手段にすぎないか、つまり数量指示売買に該当するか、という間題です。通常の土地の売買契約では、売買の前に実測する場合は、登記簿面積と実測面積と併記したりしますが、実側が引渡し後であるときは、清算するか否かを特約します。例として本件取引は公簿取引とする。後日実測の結果地積に多少の過不足があっても売買代金の精算をしないヽという非精算型と、地積に過不足のある場合は売買代金の算出基準である平方メートル当り何円をもって売買代金額の増減精算を行う、という精算型があります。都市部のように一平方メートル100万円を超えるというような高額の土地の売買は、ほとんど精算型になります。山林、原野、農地のように縄伸びの予想される場合は、非精算型がみられます。売買契約で目的物を特定させる方法として、所在地、地番、地目、地積を記截し、あるいは公図の写し、登記簿謄本などが、物件表示にかわって添付される場合もあります。売買代金額の表示については、たんに金額のみを表示する場合と、算出基礎である単値を示す場合があります。

スポンサーリンク

不動産

不動産売買による所有権移転/ 所有権移転登記の手続/ 所有権移転に必要な書類/ 買主自ら保存登記/ 売主に対して私有権移転登記/ 競合する保存登記/ 中間省略登記の意義/ 登記の効力/ 第三者に対抗/ 代金の支払い/ 一時払い/ 不動産の割賦販売/ 代金支払場所/ 代金支払時期/ 同時履行/ 同時履行の抗弁権/ 契約履行の費用/ 債務不履行/ 債務不履行の相手方の救済/ 業務不履行/ 引渡請求/ 債務不履行/ 履行遅滞の効果/ 登記の意味/ 対抗要件としての登記/ 登記と売主の重要性/ 第三者に対抗/ 未完成物件/ 履行遅滞による損害賠償/ 責めに帰すべき事由/ 売主の代金受領拒絶/ 受領遅滞の効果/ 売主の履行遅滞効果/ 不動産売買の先取特権/ 買主の代金未払い/ 買主の登記拒否/ 不完全履行責任と担保責任/ 瑕疵担保責任と契約責任/ 契約面積と実測面積の相違/ 土地の一部が他人の場合/ 土地所有者が他人の関係/ 購入不動産に他人の抵当権/ 業者の説明広告との相違/ 行政法規の利用制限/ 第三者が占有している土地購入/ 契約の解消/ 契約の無効/ 契約の解除/ 契約解除の方法/ 契約解除と相手方との関係/ 契約解除による第三者との関係/ 付随条項違反による契約解除/ 合意解除と第三者/ 手付金放棄と契約解除/ 事情変更による契約解除/